育児

【育児】夫婦仲が子供に与える影響について考えてみた

小指を繋ぐ二人

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/moooooow/imacocoblog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

先日、冗談半分でやったことが1歳5ヶ月の息子を傷つけてしまい、胸がぎゅーっと締め付けられる思いをしました。

これまで子供の前で夫婦喧嘩はしたことなかったのですが、
ある出来事があって
夫婦仲が子供に与える影響は大きいと確信し夫と二人で深く反省しました。

子供を傷つけたある出来事

先日、主人が昔お世話になった上司の奥さんが病気療養中ということで、お見舞いを渡す機会がありました。

その上司は「なんだよ!気を遣わなくていいのにー!」と笑いながら主人の肩を叩いたんです。

仲がいいとよく見る光景なのでほほえましい光景なのですが、そばで見ていた息子は突然泣き出し主人にがっちり抱きついてしまいました。

最近は人見知りしない子なのに、どうしたんだろうと考えていると主人が

パパ
パパ
たたかれて、いじめられてると思ったんじゃないか?

ムーミー
ムーミー
まさか~wwねえ、じゃあ私のこと軽めに叩いてみてくれる?

そう言うと主人は冗談交じりに私のことをばしっとたたきました。

ムーミー
ムーミー
いたたたー!!パパにたたかれた〜!ハハハ!

そうすると子供は突然、私を守るように抱きついてきてパパをにらむようにじっとみつめ泣きべそをかいているのです。

さっき泣いたのはやはり『いじめないで』『悲しい』気持ちから泣き出しちゃったんだなとようやく理解できました。

パパ
パパ
ごめんごめん。喧嘩してないよ。遊んでたんだよ

と言いましたが、主人をじっとみつめてまた泣きべそを作って私にしがみつきました。

1歳5ヶ月の息子がまさかここまで反応するとは思っていなかったので、正直驚きましたし反省しました。(ちょっと感動)

ムーミー幼少期の夫婦喧嘩の記憶

そういえば私は今でも幼少期に夫婦喧嘩で父が何日か家を出ていったことを鮮明に覚えています。

今でも夫と喧嘩した時に思い出しますし、人間関係で不安定な時にふと思い出してしまいます。

母によく『離婚したらお母さんとお父さんどっちと暮らす?』と聞かれたことも覚えています。

その時は家族がばらばらになるのではと、不安で不安で布団の中で毎日泣いていたのを覚えています。

いつも忙しくて、イライラしている時は機嫌が悪くて八つ当たりされて「うるさい」と怒鳴られたこともあります。

多分父と母は子供の前で喧嘩しているつもりも、八つ当たりしているつもりもなかったと思うんですが、表面上は普通でも父と母が1日会話をしていないことも、私たち子供は敏感に感じとっていました。

喧嘩の声が聞こえると、兄弟で階段に座り神経を研ぎ澄まして聞き耳をたて怯えていました。

60代となった今はお互いまるくなり仲のいい夫婦になりましたが、その当時は父も母も若く精神的に未熟なところもあっただろうし自営業をしていたのでいろいろ大変な時期だったのかなと思います。

ただ、子供の私は大人になってからも楽しい事よりも父母の喧嘩だけはいまだに忘れることはできません。

 

ムーミー
ムーミー
思い出したら、やっぱり子供にこんな思いさせたくないなー

夫婦の関係をよく見ている子供


私は夫婦の信頼関係を大事にする事で育児は全てうまくいくんじゃないかなーとか思っています。

夫婦喧嘩を間近でよく見ていた子供時代の私がそうであったように、表面上喧嘩をみせなくても仮面夫婦で仲が悪ければ子供でも敏感に感じ取りますし、
思っている以上に家族の関係性をよーく見ているのです。

だからこそ、夫婦がお互い信頼していて普段から仲がよければ夫婦喧嘩の風景はみせてもいいとも思っています。

その際は必ず、喧嘩から仲直りまでの過程を全て見せることで人間関係を築く基礎を作っていけるのではないでしょうか。

夫婦で信頼も尊敬もできずただの同居人になって喧嘩ばかりになったら、離婚して育てた方がマシだとも夫婦で話しています。

だから、夫婦関係を続けている以上はわかり合うことを諦めずにとことん向き合うことが大事!!

それができなくなったら離婚しようと思っています。

夫婦関係が破綻しているのに一緒にいるのが一番悪影響!!

浮気したら別れる!我慢するぐらいなら別れる!

どうせ言っても無駄と思うぐらいの関係性になったら破綻しているも同然だから別れる!
ぐらいの気持ちです。

我が家の夫婦円満の秘訣

夫婦の関係をよくする為にはどうしたらいいか?
これは結構悩む方多いですよね〜。

私たち夫婦の場合は、お互いに対して
「あなたの問題はあなたの問題。自分の問題は自分の問題。でも困ったら助けるよ。」

というスタンスで、お互いのことに干渉もしないし、価値観もおしつけません。
どちらかというとかなりドライな関係です。

でも言いたいことがあった時はお互いとことん言い合いますし、
妥協せずにこう思っているとわかってもらえるまで伝えます。

私はわかってもらえように、嫌だと思うことや問題点、今後どうしたいかなどを文字におこしてメールで送っていますww

全てをわかってもらおうと思わず夫婦は他人ということは忘れないようにしています。
尊敬はしているし一番大事な人。
そんな感じがわりとうまくいっている秘訣なのかなと思います。

あくまで我が家はですが!

最後に

私個人の意見ですが(いろいろ本を読んでみた結論)
子供の人間関係は成長していく過程で学校などの友人関係も影響はしていると思いますが、
子供にとって家族は人間関係の基礎だと思っています。

夫婦仲がよく親自身が幸せだと子供も幸せです。

嫌なことがあっても家に帰れば仲のいい両親がいて楽しくてほっとしたり。
思春期に人間関係で辛いことがあっても、
「大人になったら信頼しあえる人間関係や居場所を作ることができるんだ」
と思ってもらえたり。

そんな安心して帰ってこれる家(夫婦)でありたいです。

そのためには私自信がが幸せでなければいけないな!

やはり最終的には、母親が幸せでなければ子供も心から幸せにはなれないということなのですね!

夫婦の関係を見て子は育つという本はすごくおすすめでした。

ヘビーな夫婦関係が取り上げられていますが、家族の在り方を根本から考えられるし、親とはこうあるべきの常識が覆されます。