育児

【育児】赤ちゃんの歯医者さんデビューはいつから?虫歯の原因と予防

歯磨き

息子は生後8ヶ月ごろから乳歯がはえ始めました。

歯がはえ始めると心配なのが虫歯です!

私は大人になってから虫歯が多くて、とても嫌な思いをしたので息子には絶対にそんな思いさせたくありません。

だから乳歯が生えたらすぐに歯医者で正しい歯のケアを聞いてみようと決めていました。

まだ数ミリしか生えていませんでしたが、生後10ヶ月ごろに歯科健診に連れて行きました。

そこで歯医者さんから教えてもらったことや、歯科健診に行ってよかったことをご紹介致します。

歯科検診はいつから?

歯医者さんに聞いてみたところ、

『歯がはえ始めたら遅くても1歳ぐらいまでには診察にきて欲しい』とのことです。

『ママ、よく連れてきたねー』

と歯医者さんに行ったら褒められちゃいましたよ(笑)

個人差もありますが、赤ちゃんの歯は生後6ヶ月ごろからはえ始めます。

まだ赤ちゃんだし、歯もそんなにはえていないから虫歯にならないだろうと思っていたら大間違い!

乳歯はやわらかくてエナメル質も薄いので、虫歯の進行が早いそう。

歯がはえ始めたら既に虫歯のリスクはあります。

虫歯あるないに関わらず一度受診して、歯磨き指導や歯のはえ方などを診てもらい、正しい知識を教えてもらうことができます。

その後はできれば6ヶ月ごとに定期検診をおすすめするそうです。

乳歯は永久歯(大人の歯)にはえ変わるまでの間だけの歯ですが、とっても大事な役割があるそうなので大事にしたいですね。

【乳歯の大事な役割】
・噛む力をつける

・あごの発育を助ける

・発音を正しくする

・永久歯が正しい場所にはえるための目印となる

歯定期検診は医院ごとちがうので、かかりつけの歯医者さんに確認してみてくださいね!

赤ちゃんの虫歯の5つの原因

歯医者さんに赤ちゃんの虫歯の原因をお聞きしましたのでご紹介します。

虫歯の原因

寝る前や夜中のミルクやジュース

意外と見落としがちな夜のミルクやジュース。

哺乳瓶でミルクやジュースを飲ませながら寝かしつけている場合は要注意です。

特に食べかすが少しでも残っていた場合にミルクをあげてそのまま寝せてしまうと虫歯になりやすいとのこと。

夜眠っている時に虫歯はできるので、もし夜中にミルクをあげているという方はガーゼや歯磨きシートで拭いてあげた方がいいそうです。

イオン飲料やジュースを与える

イオン飲料には糖分や塩分が含まれています。

熱中症対策や風邪を引いた時以外は極力飲ませない方がいいそうです。

うちの息子は麦茶やお茶を全く飲んでくれなかったので、少し味のついたたイオン飲料を常に飲ませていました。
歯科検診に行ってイオン飲料が虫歯になることがわかったので、すぐにやめました。

そのままあげ続けていたら虫歯だらけだったと思います。

磨き残しや歯磨き忘れ

朝バタバタして歯磨きを忘れていることはよくあります。

その他にも、外出しておやつやご飯をあげても歯磨きを忘れたなんてことはよくあります。

でも赤ちゃんの歯は弱いので、虫歯の進行はあっという間です。

赤ちゃんは口の中を常に清潔にしておくことが大事です。

歯磨きできない時でもせめて歯磨きシートで拭いてあげることが大事だそうです。

おやつのだらだら食べ

お家にいると、どうしてもだらだらあげてしまいがちです。

赤ちゃんへのおやつのおすすめは、バナナやりんご、赤ちゃんせんべいやおにぎりだそうです。

うちではなるべくおやつは赤ちゃん用のおやつをあげ、時間を決めて食べたらすぐ磨くことに決めました。

大人の虫歯菌の感染

これはママの間では常識ですよね!

子供のご飯を冷ますために『フーフー』しないことや、食べ物や食器、箸を共有しないことが大切です。

おばあちゃんやおじいちゃん世代はやってしまいがちなので、これはママだけでは防げません。

うちは両方の両親にちゃんと説明してやめるように言いました!

離乳食期の赤ちゃんの虫歯はこのような原因が考えらえるそうです。

子供の歯を守る為にママができること

・半年ごとの定期検診に連れて行く

・仕上げ磨きのきちんとしたやり方を学ぶ

・おやつやジュースに関する知識をつける

・子供に歯磨きの重要性を教えておく

・フッ素を塗ってあげる

ママが子供の歯磨きをしてあげられるのは、小学校低学年ぐらいまでです。

その後は自分でケアするようになるので、ママの手が離れてからむし歯が増加するようです。

その前に歯磨きの重要性や、食後に歯磨きすることが当たり前の生活にすることが大切です。

手が離れたら歯磨きが面倒になるのは予想がつきます。

だから一人で歯磨きするようになったら、歯磨きしないことに罪悪感を感じるぐらい、しつこく言い続けようと思います(笑)

もう少し大きくなると食べるものも変わってくるので、歯を守るためには子供の年齢ごとに知識が必要ですね!

歯科検診に行ってよかったこと


↑歯医者さんで教えてもらい歯磨きグッズを購入しました!

虫歯を予防できるor早期発見できる

幸い10ヶ月の息子の歯にはむし歯はありませんでした。

もしむし歯があったとしても初期の場合は歯磨きで改善できることも知りました。

乳歯はむし歯のなり始めがわかりにくいそうなのでやはり診てもらったほうが安心です。

歯の健康以外のこともわかる

うちの息子は上唇小帯短縮症ということがわかりました。

上唇小帯とは、上の唇をめくるとみえるスジのことです。

うちに息子は生まれつき、このスジが前歯のすぐそばまでつながっているそうです。子供の歯
聞いた時は少しびっくりしましが、先生が言うには生まれつきのもので永久歯にはえ変わるタイミングで切除すれば治るそうです。

症状としては以下のようなことが現れるそうです。

・上唇がうまくめくれあがらないので唇をラッパ状にできないため、おっぱいをうまく吸えない

・歯ブラシするときにスジに当たって痛がる

・歯が生えるときにスジが邪魔をして歯並びが悪くなる

早めに検診を受けなければ知らなかったことなので、歯磨きの仕方を工夫することができます。

歯磨きの仕方がわかる

いざ歯磨きをするとなっても、動くし泣くしでまともに磨けたことがありませんでした。

どうしたらいいのかと苦戦していたのですが、歯科衛生士の方に子供の歯磨きする時の体勢を教えてもらいました。

足を広げて座り、子供をそこに寝かせて両足で子供の腕を固定して頭をはさむようにして歯磨きします。

かなり嫌がるのですが、ちゃんと磨くためにはきちんと押さえつけて磨いたほうがいいそうです。

そしてきちんとデンタルフロスを使って歯と歯の隙間をも綺麗にすることがポイント!

デンタルフロスの使い方も教えてくれます。

フッ素の重要性と塗布の仕方

大人フッ素ケアはここ最近常識ですが、赤ちゃんのうちからフッ素ケアはとっても大事だそうです。

歯質強化になり虫歯になりにくくしてくれるそうです。

まめにフッ素ケアすることで乳歯のあとにはえてくる永久歯に影響を及ぼし虫歯に強い永久歯になることもわかっているそうです。

ママの手を離れて一人で歯磨きするようになる前に、丈夫な歯にしてあげておくことも大事なんだなあと実感しました。

フッ素のホームジェルは歯科医院でも販売していると思うので、確認してから購入しましょう!

我が家では「ライオンチェックアップジェルバナナ味」でフッ素ケアしています。

(チェックアップジェルの使い方)

1いつものように歯磨きする

2デンタルフロスで歯の隙間汚れを落とす

3チェックアップジェルを歯全体にいきわたるようにかるく磨く

4軽くつばを吐きだす(うがいのできない赤ちゃんはしなくてもいいそうです)

*年齢によって、使用料が決まっているので歯科衛生士さんに確認しましょう!

最後に

私が中学生頃からキシリトールガムが浸透し始めてきて、大人になってからやっと虫歯予防の重要性に気づくことができました。

私が幼い頃はまだ歯の健康は重要視されていなかったと思います。

現在は正しい情報を仕入れることもできますし、小児歯科医も妊婦さんに赤ちゃんの歯の健康の重要性を教えてくれています。

早いうちからママがしっかりと歯の知識をつけておくことが重要になっています。

歯は生涯の健康状態にも関わることなので、仕上げ磨きができる今だからこそしっかり虫歯予防してあげようと思いました。

また歯医者で得た情報があればご紹介します。